マンションの基本なるコンクリートの寿命が50年と言われているからだ。新築のマンションならもっと長く持つハズだ。

中古マンションから優良物件を探し出す!
サイト内検索(by Google)

新築のマンションなら、最低50年は住むことが可能だ。

新築のマンションは、実際にはかなり割高であるが、やはりその人気は非常に高い。やはりそれまで誰も住んでいたいというのが魅了になるのだろう。どうしても中古マンションの場合は、全住人の生活感が残ってしまう。新築のマンションはそれが全くない。中古マンションも、内部をリフォームすれば、新築と変わらないのだが、外観は建築時のままとなってしまう。第一、設備そのものが最新のモノはかなり高級になっている。また、マンションそのものも耐震構造であったり、何十年後かの設備の老朽化に備え、すぐに対応できる様な作りになっている。昔のマンションの場合は、水回りの問題がどうしても出てくる。下水や水道水のパイプが老朽化し、、水漏れなどを起こしても、なかなか補習することが難しいのだ。

最近のマンションでは、借りにパイプに問題が起こったも、簡単に交換できるような工夫がなされていて、このようなことも問題は無くなっている。さらに、歩どんどのマンションが管理人やコンシェルシェルジェなどを常駐させ、住民のサービスに努めている。共有部分などの利用法も良く考えられていて、そのマンションで住人が生活しやすいことが非常によく考えられているところが多い。最近では、郊外に住むという考えの人間より、都会に住みたいという人間が多くなっているので、都心部に新築のマンションも集中している。ほとんどの場合は、街ぐるみの開発が行われて、新築のマンションが建つケースが多いようだ。新築のマンションを買っておけば、ほとんどの場合そこで一生を終えることが可能になるはずだ。